FC2ブログ

Welcome to my blog

あいちトリエンナーレ

0
Category社会
あいちトリエンナーレ2019 国際芸術祭「表現の不自由展・その後」の展示会が、良識ある国民の抗議によって中止になりました。
芸術監督という立場に、芸術に携わった痕跡がない反日活動家として名を馳せる津田大介が就いていることに違和感を覚えました。
メディアは慰安婦像だけ取り上げて、脅迫めいた抗議をした側を批判し、表現の自由の危機だとか、政治が介入することは検閲にあたると一方的に報道しているが、昭和天皇の御真影をバーナーで燃やし土足で踏みつけたり、寄せ書きされた日の丸と星条旗を使い「まぬけな日本人の墓」と題するおぞましい作品も展示されていました。
天皇陛下は日本国民統合の象徴でありますし、特攻隊員は靖国神社に祀られている英霊です。
陛下や英霊を侮辱するこれらの作品は、芸術などではなく単なる反日プロパガンダです。
20190822123824007.jpg
20190822124007da7.jpg
201908221240580b4.jpg
津田大介は「表現の自由」を標榜しているが、こいつは去年RADWIMPSの楽曲を軍歌だと抗議行動したり、椎名林檎の旭日旗柄のグッズ販売を妨害したり、またアニメを使った自衛隊ポスターにはスカートが短いとクレームはつけるは、百田尚樹氏の本が置いてある紀伊国屋書店の本の不買運動を呼びかけたりもしています。
とにかく自分の意に沿わない文化芸術を攻撃する。表現の自由とはほど遠い社会ゴロが芸術監督とは笑止千万。

あいちトリエンナーレの主催者である大村は、在日パチンコ関連企業からの献金が発覚していることを考えると、かの国とのただならぬ関係から利害が一致する津田大介と組み、このような反日プロパガンダ展示会を多額の公費を使って開催したことの裏側が見えてくる。
自民党から除名され、名古屋で人気がある河村市長に救われただけの男が、自分を見失い偉くなったと勘違して起こした行動と振る舞いは国賊の謗りを免れない。
日本人の心を蹂躙しておきながら、見苦しい主張を続ける悪党を県知事の座から1日も早く引きずり下ろさなければなりません。

政治ランキング
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment